育毛剤

現在、ほとんどの方が利用しているシャンプーは、いわゆる合成界面活性剤を利用したものです。
この合成界面活性剤、石鹸と同じようなものだと思っているかもしれませんが、肌に対する影響から考えると、全く別のといえます。

合成界面活性剤は、髪の材料であるタンパク質を溶かしてしまいます。
つまり、シャンプーをすればするほど髪が細くなり、枝毛・切れ毛を起こしやすくなってしまうのです。

また、髪の毛を育てる畑である頭皮にも浸透して髪の材料をつくる毛母細胞に影響を与え、抜け毛や薄毛の原因となってしまいます。
もちろん、シャンプーをつけてすぐにこうした害が現れるわけではありません。

しかし、少しずつでもほとんど毎日使い続けているものですから、長年かけて、かなりの量が体に触れ続けていることになります。
髪のトラブルの多くに、こうした長年の合成シャンプーの使用が関係していると私は考えます。

その点、「石鹸シャンプー」ならこうしたトラブルを防ぐことができます。
いったん起こってしまったトラブルも、自然治癒力によってしだいに良くなっていくでしょう!