和食中心の食事で薄毛を食い止める

ベルタ育毛剤

元来、欧米人に比べて日本人はハゲている人が少ないのが一般的でした。
しかし、最近は薄毛や抜け毛の悩みを持つ人が増えています。
これは、食生活の変化が影響しているといわれています。

戦後、日本人の食生活は欧米の影響を強く受けるようになり、ハンバーガーをはじめとするファーストフード、脂肪がふんだんに含まれている料理やお菓子類といったものが原因です。

野菜や魚中心の和食を食べていた頃に比べると、欧米流の高カロリーな食生活を送ることで、確実に髪のトラブルに悩む人が増えています。

薄毛の原因の多くは、髪そのものではなく、抜けやすい頭皮環境にあります。
脂肪の多い食生活を続けていると皮脂腺が広がりそれにともなって毛穴も大きくなっていきます。

そのため、穴が広くてしっかりと根が張れないため、毛が細くなりほんの少しの刺激で簡単に抜けやすくなってしまいます。

以上の事から、薄毛の進行を食い止めるための有効な手段として、昔ながらの野菜や、魚中心の和食に切り替えることが重要です。