炎症ができると毛髪毛髪はグラグラして抜けやすい

女性用 シャンプー

髪の誕生は、頭皮の表面にある毛母細胞からスタートします。
毛母細胞は皮膚の内部に入り込み、袋のような毛嚢(もうのう)をつくり(前毛芽期)毛乳頭という細胞を作ります。

毛乳頭は毛髪の製造工場で、毛髪を作るためには欠かせない栄養を吸収するなど、大切な役目を担っています。
毛乳頭ができると、毛母細胞の中に毛髪の原型が生まれ、これが成長し、頭髪から顔を出して毛髪となります。

やがて髪は休止期といって、成長をやめる時期にを迎えます。
休止期は約3ヶ月で、頭髪の約10%はこの休止期にあります。

これを過ぎると次は脱毛期に入り、古い毛髪は新しい毛髪に押し出されるように抜けます。
正常な脱毛期の抜け毛は、1日に70本よりも著しく多い場合、それは何らかの原因で毛乳頭に炎症が起きていると考えられます。

炎症ができると毛髪毛髪はグラグラして抜けやすいなります。
ですから、抜け毛を止めるには炎症を抑える必要があります。