ストレス症の円形脱毛は完治する

脱毛には2種類

脱毛症には大きく分けて「円形脱毛症」と言われている「若ハゲ」「壮年性脱毛症」の2種類があります。

この2つはそれぞれ発症の仕方や見た目に違いがあり、発症する原因や仕組みにもこまかな違いはあるのですが、両方ともストレスが大きく関与していると考えられます。

東洋医学では、髪の毛は「血餘」とよばれ、血液の余ったもの。
血のめぐりが悪くなると髪の毛が抜けてきます。

また、「気」と「血」は一緒になって体中をめぐっているという考えが東洋医学にはあります。

お互いに密接な関係があるため、気のめぐりが停滞しても「血餘」つまり髪の毛に影響を及ぼします。

円形脱毛でも壮年性脱毛症でも、健康状態を見てみると気血のめぐりが必ず悪くなっています。

そして、こうした「気血」のめぐりを悪くする最大の原因が、実はストレスなんです。

脱毛症の方の生活を調べた結果、残業続きだったり、家庭に問題を抱えていたり、毎夜の深酒で寝不足だったりと、理由はさまざまです。

精神的、肉体的ストレスがかかって、ある日ふと発症します。
そのため、脱毛症を予防するには日頃からストレスがかからないようにする事が最も重要だといえます。