脱毛は先天性と後天性に大別される

20歳をすぎると、新陳代謝が衰え、細胞の分裂スピードも遅くなり、老化が始まります。
現代は、スキンケアやエステを上手に活用すれば、老化をかなり遅らせることが可能になっています。

髪も同じように、正しいケアと健康的な生活によって、その寿命を延ばすことができます。
脱毛は、症状によって細かく分類することができます。

まず、先天性と後天性のふたつに大きく分けられています。
先天性のものには、生まれながらに体毛がまったく生えていない人もいます。
後天性には、病気やその治療によって、脱毛を起こしている場合もあります。

先天性無毛は、眉毛やまつ毛に限らず、髪が生えるには、遺伝子にその情報が書き込まれていなければなりません。
ところが、数十万人に一人という割合で、そうした遺伝子をもたないケースがあります。

自身で体毛を生やす遺伝子情報もたないため、まったくの無毛状態で、発毛することはできません。

チャップアップ詳しくはこちら