髪の毛を健康に育てる

市販のシャンプー剤の売り言葉は「髪にやさしい」「髪をツヤツヤにする」というように、髪の毛を中心にしたものが多いようです。
しかし本来、シャンプーの目的は、髪を洗うのではなく頭皮を洗うことにあります。
髪を洗うことばかり意識して、頭皮の洗浄が不十分だと、髪そのものに悪影響をおよぼします。

頭皮は髪の土壌であり、そこが汚れていては、髪も細く弱くなってしまうからです。
間違ったシャンプーを続けることで、髪によりダメージを与えることもありえるのです。
髪の薄い人の中には乾燥肌の人もいますが、皮脂の分泌の多い人の方が脱毛を起こしやすい傾向にあるようです。

皮脂が多い毛穴に脂肪が詰まり、十分な栄養が行かなくなるため、髪が細くなってしまうのです。
このようなタイプの方はとくに、頭皮の脂をきちんととりさることが大切です。
ですから、シャンプーはできれば毎日行って、その日の汚れはその日のうちに落とすことを基本にしてください。